ようこそ、七戸病院のホームページへ
病院について 外来のご案内 入院のご案内 お問合せ
トップページ各種ご案内院内情報>看護局
看護局
総看護師長 挨拶
 

 公立七戸病院は、平成31年4月、新院長を迎えて、「地域住民に親切な病院であること」という信念を大切に、新たな取り組みを始めております。
 看護局では、患者様はもちろんのこと、地域住民の皆様の健康を守るために、私たちができることを考え、実践・評価し、新たな看護を創造して行きたいと考えています。今年度は、看護の質向上・人材育成・職場環境改善を3本柱とし、師長会を主軸に、委員会やチーム・ワーキンググループ・各部署スタッフ全員の知恵と工夫によって取り組んで参ります。

総看護師長 田高 久仁子

看護局理念・方針 

〈理念〉

「自分が受けたいと思う看護を実践する」
                〜患者・家族に寄りそう心〜


〈方針〉

 1 患者さん・職員問わず、思いやりの心と助け合いの精神を大切にします。
 2 質の高い看護を提供するために、看護実践能力の向上に努めます。
 3 安全・安心な看護を提供するために、一人ひとりが責任ある行動をします。

 4 職場環境の改善を意識し行動します。
 5 経営意識を持ち、有機的・効率的に業務を行います。

 6 地域包括ケアシステムとしての看護のあり方について研鑽し、
   地域住民に貢献します。
   
 
教育理念・教育目標・研修体制 

「心豊かな看護職員を育成する」


・教育目標

1 組織を理解し医療チームの一員であることを自覚した行動がとれる看護師を育成する
2 責任と誠意ある看護を提供できる看護師を育成する
3 自律した看護職として、専門性を高めることができる看護師を育成する
4 研究的視点で新しい看護を創造できる看護師を育成する



≪研修体制・指導構造≫




令和元年度 教育計画

◆新採用看護師教育計画
・プリセプターシップを導入しています。
・年間計画で実施しています。
 〇医療安全対策 〇感染予防対策 〇接遇 〇就業規則 〇制度利用について
 〇倫理綱領 〇WLBの取り組み 〇看護過程 〇看護必要度
 〇褥瘡ケア 〇ME機器取り扱い 〇BLS 〇外来・手術・サプライ研修

◆クリニカルラダ―システム
・クリニカルラダ―システムは、新人看護師から達人看護師へと段階を踏んで、臨床看護実践 能力を向上させ、人材育成を図ります。当院教育委員会では、日本看護協会から提示された JNAラダーシステムと整合させるために学習を重ね、新たなクリニカルラダーに着手した 所です。
・レベル別研修を企画
・認定レベル制度


◆看護補助者研修
・5回/年 実施。
 〇看護局の体制・方針について 〇感染予防策について 〇接遇・楽しく働くために
 〇医療安全・センサーの取り扱い 〇認知症ケア 〇特浴の方法・衣類の脱着
 〇誤嚥性肺炎を予防するために大事なこと

 

看護局委員会紹介 
  

 ◆教育委員会     集合教育、教育環境整備 、クリニカルラダ―、新採用研修
 
 ◆業務委員会     看護必要度評価の向上、看護業務改善ん、基準手順整備
 
 ◆看護実践委員会   看護過程に関すること、看護方式に関すること
 
 ◆看護研究委員会   看護研究に関する支援・査読
 
 ◆退院支援委員会   退院支援システム、リンクナース育成、教育・指導
 
 ◆褥瘡対策チーム   褥瘡対策、教育・指導

チーム・WG  
  

 ◆WLB推進チーム  ・WLB活動の推進

 ◆認知症ケアチーム  ・認知症ケアの質向上

 ◆糖尿病ケアチーム  ・合併症予防の活動 ・地域普及活動

 ◆管理ラダーWG   ・看護管理ラダーシステムの検討・導入

認定看護師紹介 

◆皮膚・排泄ケア認定看護師 西谷 栄理子

 「皮膚・排泄ケア認定看護師」と聞いても、何をするのかイメージがわかない方が多いと思います。
 具体的にいうと、創傷(きず)・ストーマ(人工肛門)・失禁に対するケアをします。創傷の中でも特に注目されているのが褥瘡(床ずれ)です。褥瘡についての研究が進み、まず予防から取り組むのが重要といわれています。また、できてしまった場合でも早く治療を開始すれば治すことができます。
 褥瘡の予防や治療についての相談を承っていますので、お気軽にご相談ください。さらに、ストーマについても生涯ケアが必要なため、生活の変化に伴うご相談などにも対応いたします。
 失禁に関しては、専門医はおりませんが、排便・排尿に関するお悩み、おむつに関するいろいろなご相談にもできるだけ対応いたしたいと思いますので、どうぞご連絡ください。


◆認知症看護認定看護師 久保田 由美子

 認知症を持つ患者さんは、入院したというだけで大きなストレスです。不安や戸惑いを抱いて、混乱を引き起こしやすくなります。
 認知症看護認定看護師は、病棟の看護師と協働し、安心して療養できる環境を整え、その人らしさが尊重される看護を提供していきます。
 地域活動に於いては、「認知症の方を地域で支えることができる」ことを目標に、多職種と協働します。
 認知症看護や介護に対するお悩みやご相談等がありましたら、気軽に声をおかけください。
はつらつナースの声 

◆病棟勤務看護師(30歳代)

 当院に入職して、3カ月が経とうとしています。通勤距離も短縮された今、病棟師長はじめ先輩方の理解と協力のおかげで、仕事と家庭の両立が出来ています。
 まだまだ分からないことが多い中で、先輩方からの丁寧な指導のもと、患者さんが笑顔で退院できるよう努めています。患者さんやご家族の方に寄り添う心を忘れずに笑顔で頑張っていきたいと思います。



◆病棟主任看護師(40歳代)

 私は内科病棟の主任看護師として勤務しています。4月当初は、配置換えと昇進が同時にあり、不安もありましたが、ポジティブなスタッフに支えられ、頑張ることが出来ています。5月からは、スキルアップのためにNST専門療法士研修に通い始めました。
 これからは、知識と実践力を身に着けて、皆の力になれるように努力して行きたいです。


院内デイケア 

 地域包括ケア病棟では、患者さんの生活リズムを整え、QOL・認知機能の維持、向上を目的としてデイケアを実施しています。変化のない入院生活の中にいる患者さんがデイケアに参加した日には、普段見られない笑顔や活動ぶりを私たちに見せてくれます。
 病院から退院して、一日も早く普段の生活に戻れるよう支援して参ります。




看護補助者さん大活躍! 

 看護補助者の役割は大きく、チーム医療の一員として大きな役割を果たしています。看護補助者が、看護師の業務を補助する事は、看護師の専門性と介護の両面から援助できることに繋がります。
 当院ではたくさんの看護補助者が働いています。看護補助者研修も年々充実させており、仕事の不安は解消されます。私たちと一緒に働きませんか!?





看護の日  

 今年度、看護の日イベントは、正面玄関のエントランスで開催しました。地域住民の認知症予防と健康づくりについて企画したところ、たくさんの患者様が立ち寄って下さいました。
 患者様は、認知症早期診断検査(タッチパネル式)、認知症相談窓口・体組成検査による骨密度や筋肉量測定をし、ご自身の日常生活を振り返っておられました。
 私たち看護師は、地域住民に貢献できるものを考え実践し、評価しながら新たな看護のあり方を提示して行きたいと思います。




日本看護協会通常総会に行ってきました! 

 当院では、新しく職位に就いた主任看護師や副主任看護師に、(公社)日本看護協会通常総会への参加を推奨しています。参加した看護師は、全国レベルでの地域包括ケアシステムの推進に向かって、あらゆる場の看護師が動き出していることを肌で感じています。
 生活の視点や確かな看護のスキル、そして地域マネジメントの重要性を再認識し、当院の今と比較できました。現場で何ができるか、何が不足しているか、工夫できることは何かを探りながら活動していきたいと思っています。




 PAGE TOP 
Copyright(C) 2009 公立七戸病院 All rights reserved.